カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PENTAX MZ-3(REVIEW)




ちっちゃくて、軽くて、使いやすさバツグンの35mmAF銀塩一眼レフ。
PENTAX のMZ-3です。






いやーもう、
このPENTAX MZ-3は、自信を持ってオススメです。

第25話:さらばMX」と「第26話:新たなる相棒、PENTAX MZ-3
で、書いた通り、このMZ-3入手のきっかけは、
PENTAX MXの故障でした。


mz3.jpg


僕は、PENTAX MXでの、小ささ、軽さを知ってしまった後、
大きくて、重いカメラに戻れず、
辿り着いた先が、この、PENTAX MZ-3でした。


軍艦部の2つのアナログダイヤルは、
シャッタースピードダイヤル露出補正ダイヤルです。
絞り優先AE、もしくはマニュアル操作において、
一番使う機能が、一番使いやすい位置に配置されているという、
当たり前のことがしっかり考えられています。

この、ちっちゃいながらも、必要充分なシステムと、
その操作性の良さは、一度使うとなかなかやめられません。

実際、僕はMZ-3でPENTAXにハマり、
デジイチもPENTAXに乗り換えてしまったのでした。


それから特筆すべきは、
マニュアルレンズを使うことへの抵抗の少なさでしょうか。

もう1台、35mm一眼で使ってる、Nikon F4もそうですけど、
マニュアルレンズでも撮りたくなるのです。なぜか。
何がそういう気分にさせるのかよくわかりませんが。

MZ-3
は、PENTAXなので、
マニュアルレンズ使ってると、
自ずと、M42マウントレンズにも手が伸びます。

PENTAX純正の、M42/Kマウント交換アダプターもあるので、
それを付ければ、ヤフオクで安価で大量に転がってるM42レンズや、
PENTAXのM42タクマーレンズや、
カール・ツァイスまでもが揃っています。

M42レンズ沼という沼がありますが、
その沼にドップリはまりたい方には、
このMZ-3は持ってこいのカメラですね。

ヤフオクでの相場も、1万円前後ですし、
コストパフォーマンスも高いです。


MZ3_IGP8070.jpg


35mmフィルムで撮ることが減りつつあるものの、
バンに放り込んでおいても気にならない重さと小ささは、
やはり未だに重宝します。

旅行の際に、デジタルだけでは物足りない時でも、
MZ-3であればストレスなく持って行けてしまいます。

一時は、もう1台、シルバーも買ってしまった程に、
お気に入りのMZ-3

ボディがプラスチックという弱点も、
使えば使う程にかわいく思えて来てしまいます。

黒い方は、友人のカメラマンの人に、
譲って頂いたものなので、ということもありますが、
こればかりは手放す気になりません。

オススメです。








スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 02:23:46|
  2. ★PENTAX MZ-3のレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

コメント

はじめまして。こちらで、このカメラを何度か見ていて
本日、買ってしましました(笑)。カメラは全くの初心者です。
趣味がひとつできました。バリバリ撮るぞ~!
  1. 2009/01/03(土) 14:09:18 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

おおー!ご購入おめでとうございます!
MZ-3はほんと良いカメラですよ!
PENTAXは、レンズが楽しいので、
いろいろ試してみてください。
  1. 2009/01/03(土) 14:20:11 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ぶー様

 こんばんは。本日、初めて現像に出しました。
なかなかきいれいに撮れていました。
これからもっともっと撮ってうまくなりたいです。
タワーレコードの洋書コーナーで初めて写真集を見てきました。
アルファベットのAから順に見てゆきました。
私はウイリアムエグルストンという写真家がいいな~と思いました。
あと、写真集って高い(泣)のですね。びっくりしました。
ウイリアムエグルストンの写真集いつか欲しいです。
  1. 2009/01/11(日) 22:19:21 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

あ!僕もエグルストン好きです!
レビューまだ書いてないですが、
William Eggleston's Guideという写真集持ってます。
スティーブン・ショアも良いですよ。
1冊、写真集物語でレビューしてますので、
よかったらみてみてください~
  1. 2009/01/12(月) 00:21:41 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ぶー様

 こんばんは。スティーブン・ショア立ち読みしてきました。
ごくありふれた光景が並ぶ写真集でした。私にはちょっとむずかしい
写真集でした(笑)。エグルストンもよく分かっていませんが(笑)。
ホンマタカシは近所の図書館で。こちらも、すごさ、がわかりません
でした。長野陽一さんは「貸し出し中」でした。残念。絶対、借りるぞ!
写真集ってむずかしいですね。もっとたくさん見ようと思います。
  1. 2009/01/14(水) 19:46:12 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

コメントどうもです!

写真集、難しいですよね(笑)!

たぶん、
写真を現代美術としてとらえて、
ロジカルに考える見方と、
もう少し感覚的に楽しむ見方と、
それぞれあるんだと思います。

どっちが良い、
というのではなく、
どちらの考え方もあるので、
それぞれを楽しむのがベターかと。

比較的、海外ではアートとしてとらえ、
日本では感覚的にとらえる方が多いと思います。
(だからわかりづらいのかと)

そこらへんは、
多少なりの勉強が必要になっちゃうのでしょうね。

でもまあ、
とっかかりはやっぱり
「好き/嫌い」だと思います。

「わからない」部分を、
「なぜ?」と思い続けて、
調べて、納得できれば、違った楽しみ方も
出て来るかもですよ。


  1. 2009/01/16(金) 09:17:06 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ぶー様

 こんばんは。コメントありがとうございました。
「写真集の読み方」なる本を借りて読んでいましたが、
イマイチよくわかりませんでした。
 ぶーさんのコメントを読んで楽になりました。なぜ、
エグルストンが良いな~と思ったのか考えてみると、
オレンジがかった色かな、と思います。ホテルの一室
を撮ったような写真も良かったですね。
私は、感覚的に楽しむほうがあってるのかな?(笑)と、
思ったりします。あまりカタク考え過ぎず楽しむようにします。
ありがとうございました!
  1. 2009/01/16(金) 22:35:04 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

少しはお役にたてて良かったです!

ものづくりは、何事もそうですが、
いろんな作品をたくさん見る事が、
一番いいと思います。

「自分はどんな写真が好きか?」
がわからないと、
「自分はどんな写真を撮りたいか?」
がわからない、と思いません?

好きな作品をいっぱい見つけて、
自分の中の引き出しを増やして、
そして更に、どんどん真似することだと思いますよ~。

真似する事は、
悪い事でも恥ずかしい事でもないです。

そのうち、「自分なり」が出て来ると思います。

  1. 2009/01/17(土) 17:28:29 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

ぶー様

 こんばんは。先日、shelfという洋書店に行ってきました。
写真集はどれも高価で手が出ませんでしたが、買いました。
セール品なんですけれど、ED RUSCHAの「THEY CALLED HER STYRENE」という作品集です。せっかくこの店に来たのだから、何か購入したくなりまして・・・。残念ながら写真は一切載っていませんが、これがアートの世界なのかな、という感じで毎日眺めています。ED RUSCHAという人は写真も撮るようですね。見てみたいナー。
  1. 2009/01/28(水) 23:22:36 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

おお~表紙カッコいいですね。
(ネットで検索してみました)
ED RUSCHAという方は、現代アーティストですね。

ちょっと違うかもだけど、
カウンターカルチャーの写真家の代表格といえば、
ウォルフガング・ティルマンズです。
もしかするとシカハマさん好きかもです。
  1. 2009/01/31(土) 10:18:46 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

T3ティルマンズ

ぶー様
 こんばんは。ティルマンズについてネットで色々調べました。
愛用カメラはcontax t3というコンパクトカメラだ、と某雑誌の
副編集長が言っていました。というわけで作品を見てまいりました。
かなりセクシャルな感じで、私が好きな映画、「マイ・プライベート・アイダホ」という映画を思い出しました。(この映画のポーランド版のポスターが大好きなんです)自分はどちらかというと、「コンコルド」のほうが好きでした。コンコルドが飛んでいるだけの写真なのに・・・。このような写真集はじめてみました。見ていて飽きなかったです。購入しかけたのが沢渡?さんのヌード写真集です。全編モノクロでタコがでてきます。昭和な感じがして最高でした。沢渡さん、ネットで調べるとヌード専門なのでしょうか?ペンタックスLXが愛用だとか。これからも、色々な写真家を教えて下さい。ありがとうございました。
  1. 2009/02/03(火) 22:50:23 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

コメントどうもです!
ティルマンズのコンコルド、自分持ってますよ。

マイプライベートアイダホ!
自分もガス・ヴァン・サント監督大好きです。

T3もLXも、MZ3同様35mmカメラですね。
なるほど。

自分は、35mmのMZ3やF4から
だんだんフィルムは中判、普段はデジタルを
使うようになっていきました。

でもこの記事でコメント返信させて頂いてて、
久しぶりにMZ3使ってみたくなってきました笑。
ではまた~。
  1. 2009/02/04(水) 08:12:38 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

こんばんは。MZ-3を下げ新宿へ行きました。
前から有元写真家が歩いてきました。
少し後を付いていきましたが、見えなくなりました。
書店に入り、写真集コーナーへ。野村恵子という写真家
の作品が良かったです。
長野陽一さんの作品ついに見ることができました。
子どもたちの、のびのびとした光景と少しエロティックな感じ
が混じりあった不思議な作品でした。
本日、「オレキバ」という雑誌を見つけました。最近モノクロ写真に
すこし興味が出てきました。
  1. 2009/03/09(月) 21:38:38 |
  2. URL |
  3. シカハマ #-
  4. [ 編集]

>シカハマさん

ごぶさたです!
野村恵子さん、DEEP SOUTHという写真集見た事あります。
オレキバという雑誌は知らなかったっす~。
最近本屋、行けなてない。。。

MZ-3でモノクロは楽しいんじゃないでしょうか!
ポジ撮影や、
オールドレンズ使ってみたりとか、
いろいろ試してみてくださいね。
  1. 2009/03/14(土) 16:52:46 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/10/20(木) 20:55:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/53-20bb4677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。