カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PENTAX MX (REVIEW)




今更ながら、
2007年中盤の愛機、PENTAX MX の、
レビューをお送りします。




ヤフオクで安く入手し、
しばらく、僕の愛機として活躍し、
しかし、手放すに至った経緯は、
第5章:PENTAXの巻。の、
第20話~第25話
に詳しい
ので割愛しますが、
PENTAX MXは、
なんとも良いカメラでした。

今でもホントに、
不調がなければ、
ずっと使っていたと思います。

でもまあ、
MXを手放さなければ、
その後の、PENTAX MZ-3との出会いも
なかったでしょうし、
それは、一長一短だったとは思います。

しかし、
いま現在、
持ち歩いてしまっているのが、
PENTAX SVである理由も、
MXへの郷愁なのかも知れません。


それも、さておき。

PENTAX MXは良いカメラだったのです。


OLYMPUS OM-1と、
一二を争う、小ささと軽量さは、
いまだ、エポックメイキングな事実です。

そりゃ、軽量さでは、
現行機に負けますが、小ささでは、
いまだに最小の部類です。



もちろん、
マニュアルフォーカスです。


135.5(W) x 82.5(H) x 49.5(D) mmという、
小さなボディながら、
視野率95%を誇る、
大きなファインダー


ファインダーを覗けば、
AOCOのロゴが光る、
ペンタ部の小窓から、
絞り値の直読も可能という、
ニクいギミック。

更にニクいのが、
シャッターボタン半押しで、
AEロックになるのです。

これが便利でした。
先に露出を計ってしまったときでも、
AEロックしといて、
ゆっくり、フォーカシング出来たので。

マニュアルフォーカスカメラならではの、
PENTAXらしい、ニクいギミックでした。


~1/1000までだけど、
実用充分な、シャッタースピードは、
軍艦部のダイヤルで調節します。


その、最低限ながらも、
使い勝手の良いシステムは、
撮る者(僕)を、撮る気にさせる
のです。

IMG_1562.jpg

フィルムカウンターの修理の際に傷ついた、シャッタースピードダイヤル。


そして、
なんといっても、
そそるのが、
金属のボディーと、
機械式シャッター

機械式マニュアルカメラは、
こうでなくっちゃ、
という心配りが、
隅から隅まで行き届き、
持ち歩きたくなる、
その、小ささと相まって、
所有感は抜群です。


更に、
PENTAX Mレンズ群を付ければ、
そのコンパクトさが、
より一層、光ります。

ああ、かわいい。

書いているうちに、
やっぱり、もう一度
手に入れようかと思って来てしまいます。

そんな、
カメラに愛着を持ちたい
と思ってる方には、
持って来ないなカメラが、
PENTAX MXなのです。


中古品では、
露出計が死んでいる機体が多いです。

MXに関しては、
(好みも有りますが)
露出計は、生きている機体を
選んだ方が良いと思います。

モノによっては、
専門工房で修理済み、
というのがあるかと思いますが、
たぶん、ちょっと高くても、
そういう機体がオススメです。

修理で、¥15,000ぐらいは、
かかっているとおもいますので。



スポンサーサイト
  1. 2007/12/03(月) 22:58:50|
  2. ★PENTAX MX のレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

MXは。

ファインダー内にシャッタースピードも表示されてますよ。
自分は、コンパクトな28mmをつけっぱなしにしてます。
人気のパンケーキ40mmはちょっと使いにくいですね。
高いし。

でわ。
  1. 2007/12/06(木) 00:52:12 |
  2. URL |
  3. ぱわぱわ #-
  4. [ 編集]

>ぱわぱわさん

あああ!
すいません、修正しました。
そうか、シャッタースピードも表示されて、
絞りが直読窓でした。

ありがとうございます!
  1. 2007/12/06(木) 08:37:45 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/34-c67d5107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。