カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第29話:その名は、ぱけぺん。PENTAX 6×7。




そしてそして、
ついに、中判カメラに手を出してしまいました。




カメラにハマって、9ヶ月。

1台目の、Canon AE-1 programから、
各メーカー、何台かの35mm判カメラを経て、
ついに中判、67フォーマットまで
来ちゃいました。

まだ、試写出来てませんが!

夏頃から、
考え始めてはいたのですが、
どれがいいのか?
(というか)
どれが安くて、良いカメラなのか?
いろいろリサーチしてました。

結果、
またもやヤフオクにて、
ついつい、安かったので、
ポチッと逝ってしまって、
手許に来たのは、
PENTAX 6×7です。

67」ではなく「6×7」です。
AOCOのロゴも光ります。

_IGP1985.jpg


しかも、ミラーアップなし
でも、TTLファインダーつき!
で、¥13,000でした。

レンズも、
本体購入直後にたまたま、
75mmを、¥10,000で落札出来ました。

さらに、
あこがれの木製グリップも。
(¥3,000)

しめて¥26,000。

中判セットを¥26,000ならば、
激安
でしょう。

まだ試写出来てませんが。

_IGP1986.jpg



ホントは、
考えていたのは、
FUJI FILM の GS645シリーズでした。

フォーマットは、6×4.5ですが、
なんといっても小さい、軽い。
外に持ち出すことを優先して、
GS645のWIDE あたりがいいのかな~と、
思ってたのですが、
またもや、安さに負けて、
結局、6×7になりました。

レンズが来て、
グリップも来て、
さあ、いよいよ電池をいれて...と思ったら、
電池をいれて、
スイッチをONにしても、

(6×7は露出計が手動でオンオフなのです)
TTLファインダーの針が反応しませんでした

あー、
やられたかなー…と、
あきらめかけていたのですが、
ふと、思いついて、
レンズを一度外して、付け直してみたら、
ピーン!と、
針が動きました。

_IGP1983.jpg



なんだか、
AE-1 program のシャッター鳴きを、
なおせた時のように、

「あ、縁があるのだな」

と、思いました。

まだ試写出来てませんが。



次の休みには、
撮影してみたいです。



つづく


スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 23:23:33|
  2. ○ペンタックスのカメラ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/33-1e3440d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K10D ボディ防塵・防滴ボディ、CCDシフト方式手ブレ補正機構(SR)「シェイクリダクション」機能、ゴミ除去機能搭載(DR)「ダストリムーバル」機能搭載。新画像エンジン(PRIME)「プライム」と有効1020万画素CCD搭載により高画質を実現。大型ガ
  1. 2007/12/03(月) 20:17:28 |
  2. デジタルカメラ製品レビュー,:その名は、ぱけぺん。PENTAX 6×

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。