カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第28話:新たなる相棒(デジタル編その2)PENTAX K100D。




というわけで、
さっそく、PENTAX K100D
乗り換えてみました(笑)。




まだ、
あまり使い込めてはいないのですが、
ファーストインプレッションは、
こんな感じでした。


ボディデザインは*ist DS2よりシャープで好み。

問題の画質は、*ist DS2よりは確かに向上。

色の階調も*ist DS2よりはマシ。

SDカードスロットの蓋と電池BOXの蓋が*ist DS2より貧弱。

ファインダーも*ist DS2より結構小さい。

手ブレ補正は、評判よりも?な印象。

*ist DS2より少し重いが、グリップ感は向上。



なんていうか、
中身の性能は*ist DS2よりも、
確かに向上している印象
ですが、
ファインダーの視野率低下と、
ペンタミラーへの変更はもとより、
SDカードスロットの蓋や、
電池BOXの蓋など、
細かい部分での明らかなコスト削減が、
意外と気になってしまいました。

*ist DS2は、ある意味贅沢に
作り込まれていた
のだな、
という感想を持ちました。

なんだか、
使っている時の満足感は、
*ist DS2の方が少し上?
かも。


IMGP1965.jpg

全体的なシルエットは、K100Dの方が精悍です。


しかし、*ist DS2では、
どうしても画質に問題があるので、
使い続けるのはムリです。

どっちも、
入門機としては、
良いカメラ
なのだと思いますが、
自分にとっては、
すでに入門機ではダメなのだな、
というのが結論でした。

以前使っていた、
Canon EOS 10Dは中級機でしたので、
どうしても比べてしまいますし、
レベルダウンは無理なのだなとも解りました。

IMGP1961.jpg


手ブレ補正は、
正直、*ist DS2で撮った結果と、
K100Dでの結果と大差なかったですが、
これも個人差だと思います。

手ブレしがちな方には、
重宝される機能なのでしょう。

IMGP1966.jpg



つまり、
結論としては、
PENTAX K100Dでも解消出来なかった、
僕の不満は、
もはやPENTAX K10Dでないとダメだと!
そういうことかな~などと、
思い始めていたりして...。



つづく

スポンサーサイト
  1. 2007/11/15(木) 23:20:50|
  2. ○ペンタックスのカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/32-3442e9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。