カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第27話:新たなる相棒(デジタル編その1)PENTAX *ist DS2

_IGP0030.jpg

PENTAXづいている今日この頃ですが、
思い切って、デジカメ一眼もPENTAXに、
してしまいました。



ずーっと、デジタル一眼レフカメラは、
Canon EOS 10Dをメインとしてきました。
(それしか持ってなかっただけですが)


後半は、
EOS 10Dにピッタリのレンズ、
EF 24mm F1:2.8
ほぼ1本つけっぱなしでした。

EF 24mm F1:2.8
は、
あっさりしがちな、EFレンズ群の中にあって、
(もちろんLレンズは含まず)
比較的しっとりとした写りをします。

しかも、35mm換算で38.4mmという、
なんともいえないちょうど良い画角になるのです。

写りと性能にはほぼ不満もなかったのですが、
難点はやはり「重さとデカさ」でした。


_IGP0025.jpg

EOS 10D以外の初めてのデジイチは、PENTAX *ist DS2。



銀塩カメラが、
PENTAXにシフトしていくに従って、
ここはいっそ、デジイチもPENTAXにしてしまおうかな、
という考えが決定的になったのは、
夏休みのベトナム旅行でした。

僕は、
肩掛けメッセンジャーバックに、
MZ-3とEOS 10Dの2台を入れて、
旅行の間中、持ち歩きました。

が、
やはりどうにも重いのでした。

長時間動き回る時は、
まず、カメラの重さに疲れる...という、
なんとも情けない状況でした。

プライベートじゃなくて、
仕事の際とか、デジイチメインの時は、
銀塩を持ってかないことで解決なのですが、
銀塩メインの時にはサブになるデジイチが、
MZ-3より重すぎるのは、
問題だなあ、と思いました。



いつものごとく、
思い立ったが吉日なので、
早速、PENTAXのデジタル一眼レフをリサーチ。

ハッキリ言って、
狙い目はPENTAX K100D でした。

*ist DS2 は、
2番候補だった
のですが、
たまたま、K100Dとの中古価格差が
¥10,000近い、¥32,000という機体を
発見してしまい、思わず、
*ist DS2をポチッと購入してしまいました。



正直、
写りはCanon EOS 10Dの方が良かったです。

しかし、
撮っているときの使いやすさは、
*ist DS2 の方が、はるかに上
でした。

EOS 10Dに比べて、
ほとんど半分の重量
は、
持ち歩きのストレスを、100%解消。

操作系では、
なんといっても便利な、
AE-Lボタン


K100Dや、*ist DLもそうなのですが、
PENTAXのデジイチは、
撮っている時、シャッター半押しで、
更にAE-Lボタンを押すと、
そのときの適正露出が数値で表示される
のです。

これが超便利

マニュアルレンズ着用時にも
有効というすぐれものです。


また、
K100Dではペンタミラーに変更され、
視野率も低くなっているファインダーは、
*ist DS2では、ペンタプリズムで、
視野率は95%
とかなり見やすいです。

液晶画面も、
ちっちゃかったEOS 10Dに比べ、
2.5型画面はめちゃくちゃ大きく感じます。

K100Dではついている、
手ブレ補正機能(Shake Reduction)は、
*ist DS2にはついてませんが、
手ブレ補正いらなければ、
K100Dより更に中古のコストパフォーマンスが高い
*ist DS2はひじょーにオススメ
、です。


_IGP0029.jpg

想像以上に使いやすかった、PENTAXのデジイチ。


ただし、
撮っているときは素晴らしいのですが、
撮られた画像は、若干問題アリでした。

EOS 10Dは、
ハイアマ機仕様なのに対して、
*ist DS2は入門機

その差は、
撮られた画像に、歴然と現れました

こうまで違うとは
思ってなかった
ので、
若干、後悔。

つまりどういうことかというと、
*ist DS2は特に、
イエロー気味になりすぎで、
白飛びが激しめな傾向なのですが、
それはまあ良いとしても、
撮られた画像を、
Photoshop等で補正しようとしても、
他の色階調がそもそもデータに少なくて、
補正が出来ない
のでした。


ホワイトモードで調整して、
アンダー気味に撮れば、少し解消出来ますが、
*ist DS2の、階調の浅さは、
なかなか問題
でした。


つまり、
中級機では、
撮った画像を補正することが前提になっていたのに比べ、
入門機では、
撮った後、画像の補正はしないことが前提になっている

ということなのですね...。


_IGP0031.jpg



という訳で、
*ist DS2からK100Dへの移行を、
早くも検討中
です。

K100Dだと、
問題解決になるのか不明ですが...。



つづく



スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 23:15:14|
  2. ○ペンタックスのカメラ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

画像を後処理する然とする撮影方法にこそ問題があるのでは?
  1. 2009/03/15(日) 13:28:06 |
  2. URL |
  3. #MH0euhyk
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。
すいません、この記事書いたころは
いろいろと未熟で使い方に問題がありました。。。
  1. 2009/03/15(日) 19:39:25 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/31-7a033db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

???

?????Ĥ?ξ?
  1. 2008/08/01(金) 21:59:29 |
  2. ???

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。