カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第22話:PENTAX MXの、フィルムカウンター修理。




PENTAX MXのモルト交換に挑戦!したら、
なななんと、別の箇所に不具合が...。

作業が終わった~と思ったら、
いつの間にかフィルムカウンターが、
動かなくなってしまっていた
のでした。



まさに、
一難去ってまた一難


モルトの交換であれば、
カメラ自体を分解しない作業なわけですが、
フィルムカウンターの故障は、
開けなきゃムリです。


まあ、フィルムカウンターなので、
動かなくても、不便だけど、
撮影が出来ない訳ではないので、
我慢するか...トホホ...
と、
一時は、諦めかけたのですが、
やはり諦めきれず
ネットで調べました。


●shomarinのピアノ室「PENTAX MXの修理」


こちらのブログを参考にさせて頂きました。
この方のブログが無かったら、
僕には、さっぱりわからなかったでしょう。


●shomarinのピアノ室「トップカバーの分解」


同じ方の違うページです。
MXの軍艦部の開け方がよくわかります。
ここで解説して頂いていなければ、
これまた僕には到底開けられなかったでしょう。


正直、↑この方のブログを発見出来なかったら、
ただただ、諦めるしかなかったでしょう。

きっと、
悔しくて今頃2号機を買っていたに違いありません。


ただ、やはり道具がない状態での作業は、
かなり困難
でした。

シャッタースピードダイヤルの、
カニ目ネジ」を開けるのが、特に大変でした。

実際、この作業を行う場合は、
ぜーったい、安くていいのでカニ目開けの道具を
買った方が賢い
です。


DSC09148.jpg

↑カニ目開けの道具がないのにムリするとこんなことに...。
ダイヤルに少しキズがついてしまいました。




それでも、
なんとか一通りをクリアーして、
ついに軍艦部のトップカバーを開けることに成功しました。


DSC09120.jpg

開きました!トップカバーを外したMXです。
今気づきましたけど、レンズ付けたまま作業してますね....。




さて、いよいよ問題の、
フィルムカウンターです。

うーむ...

shomarinさんのブログのように、
バネが外れているようないないような...?
んん?

などと、
おそるおそるいじくっていたら、
何かにひっかかっていたのがとれたのか、
シュルン!と、
フィルムカウンターが回転して、
正常にゼロの位置に収まりました。

DSC09122.jpg


おお!治った!

と、思って、
開けた時の逆の順番でトップカバーを取り付け、
巻き上げレバーを巻き上げ、
何度かシャッターを切って、
裏ブタを開けてみました。

....が、カウンターを見ると
なぜか、最初と同じ状態に逆戻り

慌てて、もう一度トップカバーを開けて、
shomarinのブログの写真を見つつ、
それらしきカタチに直して、
またカバーを付けて、シャッター切って、巻き上げて、
裏ブタ開けて...。


これを、結局4回繰り返しました。


しかも、最終的には、
ちゃんと治せませんでした。泣


でも、
何度かやってるうちに、
最初の状態からは脱出し、
ゼロには戻らないのですが、
裏ブタを開けると「3」のところで
止まる
ようになりました。

さすがに、
ここは妥協しました。

まあ、上々でしょう!


そんな訳で、僕のMXは、
フィルムカウンターが3までしか戻りません

24枚撮りのフィルムを入れると、
最初の空撮り2枚ぐらいプラスして、
28か29枚目で撮り終わります。

なかなか手のかかった、MX君ですが、
壊れるまでは、
毎日のように持ち出したいと思います。


つづく



★ご注意
この記事や、紹介させて頂いたサイトを参考に、
カメラの修理や分解、組立てを行うのは、100%自己責任で行ってください。
当ブログでは、当然ながら一切の責任は負えません。
基本的にカメラは、精密機器ですので、個人で修理するのはキケンです。
僕のように、他の部分に不具合が発生したり、
修理に失敗する可能性の方が大きいです。

PENTAX MXに関しては、
下記の業者さんが、現在でも、
ある程度は、修理を請け負ってくれているそうなので、
そちらに依頼された方が無難だと思います。


■長谷川工作所のページ








スポンサーサイト
  1. 2007/06/14(木) 23:13:27|
  2. ○ペンタックスのカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

こんにちは。
すごいですね! MXって開けるとこんな風になってるんだー、と、目を見張りました。
実は僕のMXもフィルムカウンタが戻らなかった(ので、格安だった)のですが、なぜか使っているうちに戻るようになっていました。
修理ができる、使えば馴染むというのはメカならではのよさですね。とても素晴らしいことだと思います。
  1. 2007/06/20(水) 10:52:35 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集]

>狛さん

こんにちは!
コメントどうもです!

今までに一眼レフ開けたのは、
2回目なんですけど、MXは、
中身ギッシリ!ですね。

怖くて、他の箇所はさわれませんでしたけど、
触れるだけの知識があれば、
掃除してあげたい感じではありました。

ホント、
フィルムカウンターは2本のバネが
仕掛けてあるんですけど、
細い方は、糸より細いハリガネでした。
  1. 2007/06/20(水) 13:50:29 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/26-27c16672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。