カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第21話:PENTAX MXの、モルト交換。




ヤフオクで、¥6,900で買った僕のMXは、
モルトがボロボロでした。

なので「いつかやらねばなるまいな」とは思っていた、
モルトの交換に初挑戦!してみました。




モルトというのは、
カメラのミラーボックス内や、フィルムボックス内の、
周縁にはられているスポンジのような、遮光材です。

このモルトは、材質がやっかいで、
経年劣化し、ボロボロと分解してしまうのです。

中古カメラを漁っていれば、
いつかはモルトが劣化しているカメラに
当たるだろうな、とは思っていましたし、
モルトの貼り替えぐらいは、
出来るようになっておきたかったので、
まあ、よし。

.......................................................................................................


まずは、ネットでいろいろ下調べ。

僕が今回、MXのモルト交換で参考にさせて頂いたサイトは、
↓コチラです。

●PENTAX MX 分解組立マニュアル
※注意!カメラの修理、分解、組立は自己責任において行いましょう。

↑このページの下の方に、MXのモルトのサイズに関して、
記述がありましたので、参考にさせて頂きました。

また、↑同サイトで紹介されていた、
Aki-Asahi.com」さんからモルトを購入しました。

●Aki-Asahi.com

↑ここ、オススメです!

モルトは、ビックやヨドバシでも買えますが、
ビックやヨドバシの1枚の価格で、
必要以上に便利な厚さや幅、枚数が買えます。


余談ですが、このサイト、
中古では貼革の傷みがヒドイのをよく見かける、
CONTAXの各機種用の替え革が売っています
これも素晴らしい。
このサイトを知っていれば、貼革を気にせず、
CONTAXの一眼レフ中古品をゲット出来ますね。


ちなみに、僕が購入したのは、
★[B-001]ノリなしモルト(1/1.5/2/2.5/3mm厚 各1枚) 5枚組 850円
です。


DSC09115.jpg

Aki-Asahi.comさんで購入したモルト。
モルトは、意外と切りづらいです。
カッターは新しい刃で。もしくはデザインカッターで。
¥100ショップのもので良いので、カッティングボードの上で、
しっかり押さえつけつつ切りましょう。


.......................................................................................................


さて、いよいよ交換作業です。

まずは、ミラーボックス内のモルトから。

↓こんなカンジで、ミラーに汚れ拭きシートの紙をのせ、
サランラップでカバーしました。


20070612112524.jpg


ミラーボックス内は、
3方にモルトが貼られています。

ただ、とあるサイトでの情報によると、
左右のモルト(1.5mm厚の箇所)は「必要ない」らしく、
僕は除去しただけで、貼らないことにしました。

なぜなら、
大変そうだったから...。
(修理後の試写では全く問題なしでした)


DSC09114.jpg

触るだけで、ボロボロ落ちて来るモルトを除去します。


だいたいとれたら、
綿棒薬用アルコール的なものをしみ込ませ、
根気よく、モルトを貼っていたノリを拭き取ります

この、アルコールは、
プラモデルのプラカラーの薄め液など
が良いそうです。


DSC09108.jpg

でも、僕はこれで代用しました。
ペーパーセメントの薄め液です。
これは、揮発性が高く、紙にしみ込んでもすぐ蒸発するので、
本の汚れが落とせます。超便利。


まあ、だいたい拭き取れたら、
ミラーボックス前面上のモルトが貼られていた部分の幅サイズをはかります。

...で、前述のサイトに記載された、
ミラーボックス前面上に貼るべき、厚さ(2.5mm厚)のモルトを、
その幅サイズに切ります。

他のサイトでも推奨されていましたが、
モルトを貼るのは、液体の接着剤ではなく、
細い両面テープを使うと良い
とのこと。

素直に、僕も両面テープで貼りました。


DSC09117.jpg

貼り替えられた、ミラーボックス前面上のモルト。
若干、いびつですが...。


というわけでミラーボックス内のモルトは交換完了!
さっきも言った通り、奥のモルトは除去しただけで、
貼り替えませんでした


.......................................................................................................


お次は、
ミラーボックス内にこぼれた、
細かいモルトを除去
しておきます。

これはまあ、
逆さまにしたり、ブロアーで吹いたりして、
どんどん掃除してください。

けっこう、出て来ました。

ついでに、
MXはフォーカスシーリングの交換が可能な機種なので、
それも外して掃除
しました。


molt2.jpg

↑写真のココをカチッ!とやると、
ポロッと簡単にフォーカスシーリングが外せます。


DSC09111.jpg

外したフォーカスシーリング。表面はさわらないように、
なるべく白手袋などをして、側面を持ちます。



細かいモルトのクズが、
フォーカスシーリングの隙間にも入り込んでいるので、
ひととおり掃除します。

ついでに、フォーカスシーリングについていた、
その他のホコリも掃除します。

掃除して、またつけて、
ファインダーをのぞいて、残っているホコリやモルトクズを確認して、
また外して...を何度か繰り返しました。

ファインダーに見える、
細かなホコリや塵のほとんどは、
ファインダー内部というより、
フォーカスシーリングの隙間に入ったものなのかもですね。
すいぶん、キレイになりました。

.......................................................................................................


さて、その次は、
フィルムボックスのモルト交換です。

MXの場合は、
フィルムボックス内よりも、
裏蓋にガッツリとモルトが貼られています
僕のは、これもボロボロでした。


DSC09112.jpg

ボロボロベトベトの裏ブタ。


これも同様に、
劣化したモルトを除去して、ノリを拭き取り、
前述のサイトを参考にしつつ、実際の裏蓋のサイズをはかり、
両面テープで、新しいモルトを貼りました。

ちなみに、
僕はここでも手を抜きました。

裏蓋のモルトは貼り替えましたが、
本体のフィルムボックス上下の、細いスキマのモルトは、
除去しただけ
にしました。

ここは、面倒でなかったら、
貼った方がいいと思います。


DSC09116.jpg

裏ブタのモルト貼り替えも完了!
若干、いびつですが......。


というわけで、
モルトの交換は完了!

フォーカスシーリングも掃除出来て、
ファインダー内もキレイ!になりました。


...が!


僕は、気づかないうちに、
1つ重大なミスを犯しました。


20070614092028.jpg

↑ココです。

ココは、つまり、
裏蓋を開けるとゼロに戻る、
フィルムカウンターの自動復元ボタン、です。

ココの、ベトベトになったモルトとノリを
拭き取る際に、どうもヘンに触ってしまったらしく、
フィルムカウンターが動かなくなってしまいました

そんなに全てがうまくはいかないか」と、
一瞬諦めかけましたが、諦めきれず、
再びネットで検索して、
フィルムカウンター修理方法を発見し、実行しました。


というわけで、
さらに、次回へつづきます。



★ご注意
この記事や、紹介させて頂いたサイトを参考に、
カメラの修理や分解、組立てを行うのは、100%自己責任で行ってください。
当ブログでは、当然ながら一切の責任は負えません。
基本的にカメラは、精密機器ですので、個人で修理するのはキケンです。
僕のように、他の部分に不具合が発生したり、
修理に失敗する可能性の方が大きいです。

PENTAX MXに関しては、
下記の業者さんが、現在でも、
ある程度は、修理を請け負ってくれているそうなので、
そちらに依頼された方が無難だと思います。


■長谷川工作所のページ





スポンサーサイト
  1. 2007/06/13(水) 23:12:53|
  2. ○ペンタックスのカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

すごい!

すごいです。モルト交換をやってしまったのですね。
いや、不器用な私には無理な様な気がします。
私のMXは、MapCameraで購入した委託品なのですが、
前のオーナーが丁寧に使われていたらしく、ホットシューの覆いが無いくらいで、モルトなどは問題が無いものでした。
でも、今後のことを考えると出来るようにしないといけないかもしれませんね。
フィルムカウンターの修理奮戦記も楽しみです。
  1. 2007/06/14(木) 17:26:07 |
  2. URL |
  3. lailei #Ilb7NRak
  4. [ 編集]

>laileiさん

どうもです!

いや、やっぱり不安の少ない機体を
入手した方が無難ですねー!

僕のは、
昼間の実用には問題ないんですけど、
低速シャッターは不安定です。
"1のとこで、明らかに2秒ぐらいいっちゃってます。

モルト交換は、
思ったより大変じゃなかったですけど、
やらないで済むにこしたことはないと思います。

でもまあ、
「手がかかる子ほどかわいい」という感じでしょうか。
いつ、ダメになっちゃうかわかんないコですが、
たとえ、2号機が来たとしても、
なるべく手許に置いておきたいなーと思います。
このコは。
  1. 2007/06/14(木) 19:28:00 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

参考になりました

大変参考になりました。
特に、Aki-Asahi.comのモルトプレーンと
MITUWA PAPER CEMENT SOLVENTは
修理材料の入手に便利だと思います。
PENTAX MXではありませんが、
古いカメラが多く、モルトの貼り替えを
考えていたので助かりました。
これから私も挑戦してみようと思います。
  1. 2009/08/29(土) 01:25:31 |
  2. URL |
  3. レニチスト #nhsSEKuY
  4. [ 編集]

>レニチストさん

コメントありがとうございます!
参考になったらうれしいです!

モルト交換までは、
材料と方法さえしっかり下調べできれば、
なんとか個人でも可能な修理だと思います。
がんばってください!

  1. 2009/08/29(土) 03:32:42 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/25-2bd7de2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。