カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第16話:Nikon F4購入顛末記 <その2>




こんなに素晴らしいカメラなら、
 もっとちゃんとした機体を買うのだった...。


と、いう訳(第15話参照)で、
僕はF4を買い直すことにしました。




どうせ買い替えるなら、
テカリはまだしも、塗装はげはモチロンない、
なるべく後期の機体を買おう!

と心に決めました。

F4も、F3には及びませんが、
長期に渡って生産された製品なので、
初期の機体と、シリアルNo.250万番台以降の、
後期の機体
とでは生産時期に数年のブランクがあり、
微妙な改善も施され、
後期の機体の方が完成度も高いといいます。

また、ネット情報によると、
Nikonサービスセンターでの、
F4のオーバーホール受付自体が、
2007年秋頃まで、という噂です。

おなじみ、楽天のマップカメラでは、
OH済み!260万番台以前
というような中古品が、
5万円弱で売られていました。

よし、今月(2007年4月)の楽天ポイントが入ったら、
 ここらへんのF4を買おう!


と、思っていました。


allCRW_1091.jpg



そんなある日。


某mixiで、
マイミクの有名カメラマンさんが、
ガレージセールをやるよ
という日記をUPされました。

昔、P-houseという僕が働いていた
恵比寿のギャラリー+カフェでお世話になった、
有名カメラマンさんです。

しかも、
ご自身が使っていたフィルムカメラを放出する!
といいます。


…あ、その前の経緯として、
こういうことがあったのでした。

F4を買った直後、
僕は嬉しくて、mixiに「F4を買った!」
と書いたのです。

そうしたら、
その有名カメラマンさんが、

「あ~!そんなことなら俺のF4売ってあげたのに...
 数々の名作を生んだ俺のF4....」

というコメントをくれたのです。

その上での、
ガレージセールで、フィルムカメラ放出です。

ぜったいF4を売る!
と思いました。


行けたら行こう…、
と、思っていたガレージセール。

こういう時は運命が働くのか、
なぜかうまいこと、
ユピコさんとも予定がかち合わず、
行けることになり、
僕は、当日ガレージセールの
スタート時間に到着するように出かけました。


CRW_0809.jpg

ジャジャーン!ていうか、野村さんでした。
野村浩司さんです。
超メジャーなCDジャケ、アーティスト写真などなど、
各方面でバリバリ仕事をこなす、スゴ腕な方です。
数年ぶりにお会いしました。


CRW_0811.jpg

野村さんの太陽スタジオでのガレージセール。
完全にリサイクルショップのように...。


案の定、
F4は売られていました!

野村さんのF4は、
なんと、自分の求める後期型であり、
(250万番台でした)
不具合もなく、テカリこそあれ、
大きなキズもないという…自分が探していた機体の条件を、
クリアーするもの
でした。

基本的に「実用」の為に買うので、
美品でなくて良いのです。


さらに、
結婚祝い」を兼ねてオマケしてくれると言います。

ありがたいことに、
50mm/f1.4レンズ付きで、めちゃくちゃ安くして頂いちゃいました。

こうして、
僕は、現在使用中のF4と出会ったのでした。

僕が譲って頂いた、野村さんのF4は、
野村さん曰く「初期の作品のほとんど
を撮ったF4だそうです。

おそらく
写真の神が宿っていることでしょう


frontCRW_1089.jpg

現在使用中の僕の愛機、元野村さんのF4S。
コーティングはがれなどありません。


finderCRW_1085.jpg

ファインダー外装も問題なし。


という訳で、
僕の「AF/35mmカメラ」のメインは、
このF4Sになったのでした。


つづく






スポンサーサイト
  1. 2007/05/18(金) 23:51:53|
  2. ○ニコンのカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/19-a118a7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。