カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Canon EOS 10D(REVIEW)



Canon EOS 10D

改めまして、デジタル一眼レフのわが愛機、
Canon EOS 10D
のインプレッションを、
まとめてみました。



Canon EOS 10D。
2007年4月現在、僕のデジタル一眼レフカメラのメイン機です。

購入前の他機種との比較検討&妄想
ファーストインプレッションは以前書きました、が、
購入から2ヶ月経ちましたので、
少し使い慣れて来た現時点での印象を
再びまとめてみます。


................................................................................................................................


EOS 10Dは中古が安い!

EOS 10Dは、2003年発売の中堅デジタル一眼レフカメラです。
発売時期は2002年発売のEOS D60と、
2004年発売のEOS 20Dの中間。

デジカメ一眼は、現在でも熾烈な開発競争の最中ですが、
現行の30D以前はどの機種もかなり短命です。


DSC09048.jpg

つけっぱなしのEF 50mm/1.8II。いつかLレンズがほしいなあ…。


ご存知の通り中古カメラというのは、
「後継機種が発売される」すなわち「スペックダウン」
という意味になってしまい、
それは、極端に中古価格に反映されます。

つまり(うれしいことに)世代交代が進む度に、
価格が暴落していくわけです。

しかしながら、数万円の価格の下落に現れるほど、
そのスペックに差はない…
と気づいたことが、
僕が中古カメラにはまったきっかけでした。

EOS 10Dは、すでに20D、20Da、30D…と、
たった4年前の最新機種なのに、3世代も前となる為、
ものすごく低価格で購入が可能です。

発売当時は20万円弱の機種が、
2007年現在の、EOS 10Dの中古相場は、4万円~6万円

安いです。

僕が、Canon EOS 10Dを購入した最大の理由は、
安かった」ことです。

中古価格の割には、充分な性能。
コストパフォーマンスが素晴らしい。
(同じような境遇のデジイチには、Nikon D70などもあります)

入門機として、
ローリスクハイリターンというのは大切です。
そういう意味ではうってつけのカメラかと。


DSC09043.jpg

右肩の液晶画面。ボタン操作は慣れるまで少し迷います。


DSC09045.jpg

左肩にはモードダイヤル。よく使うのは露出優先AEと、マニュアルです。


................................................................................................................................


EOS 10Dの良いところ。

EOS 10Dは良いカメラだと思います。

さすがに現行機種と比べると、
見劣りする点はいくつもありますが…。

それでも、
僕レベルのアマチュアフォトグラファーにとっては、
性能的には充分
なのです。

まあでも、何よりも、
EOS 10Dで満足してしまう最大のポイントは、
マグネシウム合金の外装に、ステンレスの本体という、
金属カメラ」然としたその質感かも知れません。

手にした時の、ひんやりとした感触と、
程よい重量感は、後継機種の30Dや5Dに全く劣らず、
かなり所有感を与えてくれます。
大事ですね。

性能面でも、個人的には、
~1/4000のシャッタースピード
7点の測距ポイント
最新機種に比べたら若干遅い立ち上がり…などは、
実際使用していて、ストレスを感じたことはないです。

10D以上の上位機種を使用してしまえば、
問題を感じるのかも知れませんが、
触ったことはあるけど使ったことはないので…。

640万画素という、
今ではコンパクトデジカメよりも低い画素数も、
実際はまったく問題になりません
ポスターサイズでプリントしようとすれば無理があるけど、
そんな機会はまず無いし、
A3程度まではこの画素数で充分なのです。

秒間3コマという連続撮影スペックも、
そもそも連写しないですし…。

790gという重量
も、
比較的軽い方だと思うので、
毎日の持ち運びも可能です。

あと、10Dは他の機種と比べて、
シャッター音が好きです。
これは多分に好みの問題ですけども。

まあ、なんというか、
世の中的には「すでに平均以下のスペック」も、
僕レベルでは、実際の使用には充分なわけです。

そうなると、個人的には、
金属ボディで所有感を満足させてもらえればOKで、
しかも、現行機の半額以下で買えてしまったのですから、
下記の「ダメな点」があるにしても、
それそれでは許せてしまいます。

バカな子ほどかわいいと言いますか。

使い慣れて来てしまった今となっては、
以前は欲しかった5Dへの浮気心も失せて来ました。

かわいいカメラです。


DSC09050.jpg

この角度からの眺めも好きです。


................................................................................................................................


EOS 10Dのダメなところ。

ありますね~(笑)

いやでも、前述の通り、
そのほとんどは「許せる範囲」です。
個人的には。

それでもどうしてもやっかいなポイントは、
以下の3点です。



その1:フルサイズCMOSセンサーではない。
EOS 10Dは、5Dや1Dのように、
フルサイズCMOSセンサーではないので、
レンズの焦点距離が、通常の35mmフィルムカメラや、
フルサイズCMOSセンサー搭載機に比べて、
約1.6倍になってしまいます。

つまり、50mmのレンズなら、
1.6倍の80mmのレンズになってしまいます。

ただし、これはまあしょうがないです。
3世代後継機種の30Dでも解消されていません
EOSのデジイチで、フルサイズなのは、
EOS 5D以上の高級機だけです。

CMOSセンサーというのは、デジカメの撮影素子で、
つまり感光部分とでもいいましょうか。
この大きさが高級機と中堅機以下を決定的に分けています。

つまり、この部品はコストが高いのです。

どうしても嫌だ!という場合は、
EOS 5D以上を買うしかないわけで、
しょうがない欠点です。

選ぶレンズでなんとかすればクリアーです。



その2:ファインダーがしょぼい。
EOS 10Dの最大の欠点は、
ファインダーのしょぼさ
です。

もう、狭い狭い。倍率0.88です。
キヤノンのEOS 10Dのスペックには、
上下左右ともに視野率95%とありますが、
視野率90%ぐらいに感じます

ギリギリ構図から外した、と思った電柱が、
プレビューすると太さ半分ぐらいまで入っていたりします。

まあ、これも慣れれば、
計算出来るので、ガマンですかねー。



その3:モニターが小さい。
中古価格を考えれば、
贅沢は言えない訳ですが、
やっぱりちょっと、
背面モニターが1.8インチは小さいです。

プレビュー出来て、
構図と、写っているかいないかぐらいは確認出来ますが、
ピントの具合までは見づらいです。

危ういと思ったときは、
多めに撮っておくようにしています。


DSC09053..22.jpg

1.8型と小さい背面液晶画面。


................................................................................................................................


…などなど、
やっかいなところはあるカメラですが、
基本性能は充分で、質感も良く、丈夫で、
使えば使うほどに、愛着が湧くカメラです。

高価ではない分、使い込めるし、
手のかかるところも、
「慣れ」でカバーしてあげれば、
かわいくなってくるものです。

散々悩んでEOS 10Dに決めたし、
僕のレベルからすれば、
入門から普段使用にはちょうど良い性能
です。

いつか、
写真で仕事をするようにでもなれば考えるけど、
それまでは、このコでデジタル写真は
撮っていこうと思ってます。

DSC09046.jpg

末永くかわいがっていきたいと思います。




★楽天マップカメラ




スポンサーサイト
  1. 2007/05/01(火) 14:47:53|
  2. ★Canon EOS 10D のレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

この10Dからキヤノンのデザインは今風になりましたね。
爆発的に売れて玉数も出たし、急速なデジ一の低価格化に押されて中古市場も一気に落ちました。

大きく、重く、液晶が小さいことを除けば、今でも十分ですよね。
600万画素ってスペックは、個人的には良いバランスなんじゃないかなと思います。

僕も以前、D30と併用していましたが、「こいつで撮っておけば間違いない」ってくらい良いデジ一でした。
でもメイン機はD30でしたが(笑)

  1. 2007/05/04(金) 09:56:53 |
  2. URL |
  3. よしまこ #UaldkJJ.
  4. [ 編集]

>よしまこさん

お久しぶりです!
コメントどうもです。

メイン機がD30とは!
30DじゃなくてD30??

僕は、
いずれ5Dの後継機が出て5Dが安くなったら、
そっちに移行したいっすけど、
それまでは10Dで行けるとこまで行きます。
同じ機種をずっと使うと、
また見えてくるものもありますよね。たぶん。
  1. 2007/05/04(金) 10:29:44 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

はい、D30ですよ。
300万画素で、しかもあの当時のキヤノンは、ジャギーに弱く、デジ一クラスも例外ではなかったですね。
今では古臭い仕上がりとクセのある発色ですが、数あるデジ一の中で、未だに僕の中ではD30が最高です。

今時のデジ一は、どれも解像感はバツグンですが、どうも立体感がなくなったみたいな気がします。

10Dは、画質自体は今でもトップクラスだと思います。
僕も次は5Dの中古を狙ってます。
なので、なるべくデジ専レンズは買わないようにしてますよ(笑)


  1. 2007/05/04(金) 13:25:57 |
  2. URL |
  3. よしまこ #UaldkJJ.
  4. [ 編集]

>よしまこさん

すごい!笑
D30メインはなかなか素敵ですねー!

D30だとまだDIGIC未搭載ですよね。
D60もそうらしいけど、
DIGICの現像処理は「ノイズのベタ塗り」っぽいので、
賛否両論ですよね。

僕レベルでも、
35mmをスキャンした画像と、
10Dの画像では、発色や奥行きやしっとり加減に、差を感じます。
デジイチ画像は、硬めで、あっさり感強いですよね。

5D、早く安くなんないですかね~
  1. 2007/05/04(金) 13:34:12 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

>上下左右ともに視野率95%とありますが、
視野率90%ぐらいに感じます。


銀塩時代から中級機以下はポジと言うよりはネガで撮ってプリントが前提なので90%でちょうどピッタリです。
ポジでもマウントすれば90%ちょっとまで枠で隠れてしまいますのでファインダーに映っていないものが写っても問題ないです。ただデジはモニター鑑賞のため問題になってくるんですよね。プリント時は下手にトリミングしなくてもデジカメプリントに出せばファインダーにはなかった余計なものはカットされて仕上がってきます。カットされない為には注文時に指定しないといけません。

  1. 2007/12/30(日) 05:21:53 |
  2. URL |
  3. A #-
  4. [ 編集]

>Aさん

コメントありがとうございます!

EOS10Dのファインダーは、
とにかく遠くてちっちゃいですよね。。。
今は、PENTAX K100Dを使っているので、
比べちゃうと「小さいなあ」と思います。

でも、さすがに中級機。
画質は良いですよね。
  1. 2008/01/08(火) 09:58:56 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/16-1184469f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。