カメラ物語 ←TOP

中古カメラの世界にハマり、写真にハマりました。独学の写真日記やら、カメラのレビューなどなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぷーこ物語第1話(Canon EOS 10D)



BODY:Canon EOS 10D/LENS:Canon EF 28-105mm f3.5-4.5 USM

ご要望のあった、愛娘(犬)ぷーこの特集です!



CRW_1138_RJ.jpg

リビングにて。

ちょっと前の写真なので、
すでに故障が発覚した中望遠レンズ、
Canon EF 28-105mm f3.5-4.5 USM
で撮影した写真ばかりです。
ボディはもちろん、EOS 10D

CRW_1144_RJ.jpg


うーむ、
風景スナップより、はっきり被写体がいる方が、
僕には良いのかも…と思いました。

↓下の写真を撮っている時に、
Error 99の表示が出始め…ボディと共に、
ボディを購入したマップカメラへ点検に出しました。

CRW_1229_RJ.jpg


僕の自宅は、
なななんと一戸建てです。

激安の中古物件でしたが、
腐っても一戸建て。とにもかくにも一戸建てです。

この、一国一城の入手には、
実はぷーこの存在が大きく関わっていたのですが…。
まあ、その話はまたこんど。

以前は、申し訳程度についている、
庭に、小屋を置いて、ぷーこはそこに居ました。

…が、ブロック塀で外界と遮断されたその庭は、
ぷーこに閉塞感を与えたようで、
近所の方々が我が家の横を通るたびに、
ブロック塀の向こう側に、見えない気配を感じ、
ぷーこは猛烈に吠えまくっていました。

それはいかん、という訳で、
ユピコさんが思い立ち、小屋をベランダに移し、
ぷーこの居場所はベランダになりました。

CRW_1207_RJ.jpg

ぷーこは一日中ベランダで寝ます。ほんとよく寝ます。

ベランダであれば、
空もみえるし、まわりの風景も見えます。

更に、犬は「目線の高さ」で、
立場の上下を判断もするので、
通り過ぎる人の姿が「下に見える」方が、
安心感も得られます。というわけで一石二鳥。

配達の人とかには
やっぱり少し吠えるけど、
以前に比べたら激減しました。

ぷーこは、朝、ベランダに出て、
夜の散歩に行くまでの昼間はベランダで過ごし、
夜は家の中で寝ます。

CRW_1173_RJ.jpg

↑この写真。

ぷーこは、夜の散歩に行って、夜ごはんを食べたら、
あとは2階で寝るだけです。

僕らが夕飯の後、テレビを見たり、
だらだらしていると、ぷーこは待ちきれなくなり、
こうして、引き戸の前に向こうを向いて座り、
2階に行ってもう寝る~」とアピールしはじめます。

飼い主より早く寝に行きたがる犬…。

誰に似たのか、
育て方のせいなのか、
ぷーこは、人間臭さがありすぎます。

CRW_1230_RJ.jpg

現在、満3才。誕生日は2月14日、バレンタインデーです。

ぷーこネタは、
→カテゴリーで「ぷーこ物語」としました。

今後もちょくちょく載せてきます。


つづく


スポンサーサイト
  1. 2007/04/12(木) 23:41:36|
  2. ●ぷーこ物語(アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

待ってました!!
ぷーこいい顔してるなぁ。
いい被写体だね。

1枚目の瞬きの瞬間のと、
4枚目のベランダからこっちみているのと、
7枚目のポートレイトがかわいい!

しかしぷーこ足長いね。
ってミルクと比べるとみんな長いか~。
ミルクも眠いとひとりでさっさと布団に行っちゃいます。
どこもそうなのね・・・。
  1. 2007/04/15(日) 01:18:49 |
  2. URL |
  3. むつ #-
  4. [ 編集]

>むっちゃん

おお~
そのへんがかわいいのか!

ぷーこ足長いよ。通常よりも長いと思う。
雑種で小型犬よりひとまわり大きいけど、
ミニチュアピンシャーとかみたいな足の長さだよ。

ぷーこ物語は
また近々!
  1. 2007/04/16(月) 14:09:41 |
  2. URL |
  3. ぶー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cameramonogatari.blog92.fc2.com/tb.php/14-8a4ee65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。